タバコと筋トレの関係性

【タバコ】筋トレに与える影響とは?筋トレ効果を下げないために

「タバコは体に悪いから、筋肉へもマイナスの影響があるのでは?」

と考える方も多いと思います。今回は、そんなタバコと筋トレの関係性について詳しく解説していきたいと思います。

タバコが筋トレに及ぼす効果とは?

主にどのような悪影響があるのかを紹介していきます。

心肺機能

タバコの最大のマイナス作用とは「心肺機能の低下」となります。原因は、タバコに含まれる一酸化炭素が酸素を運搬するヘモグロビンなどと結合してしまうからです。

これにより酸素が供給されにくくなり酸欠になります。

筋トレ時は酸素摂取量が増えますがタバコの影響で酸素供給が不足しトレーニングの質を低下させます。

血圧向上

原因はタバコに多く含まれる「ニコチン」が血管を収縮させるからです。

その結果、血流が悪くなり疲労を感じにくくなります。

活性酸素

活性酸素とはウイルスや身体に有害な物質を攻撃する役割がありますが、タバコを吸うことにより量が増えすぎて体内のタンパク質やDNAなどを攻撃してしまいます。

これによりガンや脳卒中などを引き起こす確率が大幅に増加します。

コルチゾール

コルチゾールとはいわゆる「ストレスホルモン」のことです。タバコを吸うことによりコルチゾールが多く分泌されてしまいます。

さらに、ストレスを感じるだけでなく筋肉分解の作用もありますので、筋トレをしている方は吸わないことをオススメします。

アイコス

加熱式タバコで有名なアイコスですが、害が筋肉に全くない訳ではありません。しかし、紙タバコよりは大幅に有害物質は少ないです。

超回復への影響

筋肉成長のために非常に大切な超回復ですが、喫煙により超回復の速度が低下します。

通常は、1日~2日で治るものが3日~4日と長くなる可能性があります。よって筋肉の成長スピードが低下してしまうとされています。

*こちらの記事に超回復に関して詳しく掲載しております。

【筋肉痛】筋肉痛が起こる仕組みと、回復・予防の方法について 久しぶりの運動や普段しないような動きをすると誰しも一度は経験したことのある「筋肉痛」が生じます。できるだけ避けたい筋肉痛と筋肉疲...

メリットはあるのか?

結論「メリットはない」です。

しかし知識として知っておいて欲しいことは、アロマターゼというホルモンの分泌を阻害することです。このホルモンは女性ホルモンを増加させるとされていますが喫煙により分泌を増加させます。

よって男性ホルモンが増加して筋肉が付きやすくなるという考えもありますが、それ以上に悪影響がありますので吸わない方がいいです。

まとめ

タバコが筋肉に及ぼす悪影響を紹介しました。筋トレ以外にもタバコを吸うことでガンのリスクが向上したり、ストレスを感じたりとマイナスなことが非常に多いです。

タバコは「百害あって一利なし」です

筋トレをしている方はもちろん、健康になりたい方は少しずつでも禁煙をしていきましょう。