予備疲労法について解説

【予備疲労法】の行い方やメリット・デメリットについて解説

今回は、筋トレの行い方の一つである予備疲労法についての紹介をします。

「事前疲労法」とも呼ばれ、主にコンパウンド種目で対象筋を追い込むための方法となります。

予備予備法の行い方

アイソレーション種目(単一の関節と筋肉のトレーニング)を先に行い、コンパウンド種目(複数の関節と筋肉を同時に動かすトレーニング)を後に行う方法です。

簡単に言いますと、アイソレーション種目で対象筋を疲労させておき、コンパウンド種目でさらに筋肉を追い込むということです。

今の負荷・重量に慣れてしまっている方にオススメで、既に疲労している部位に負荷がかかる感覚を掴みやすいと思います。

予備疲労法のメリット

  • 対象筋を限界まで追い込める
  • 対象筋を先に鍛えるので、補助金を効率的に鍛えることができる。
  • 高重量を使えなくてもしっかり追い込むことが可能

などがあります。普通の筋トレと逆の鍛え方ですので、新鮮な刺激を筋肉に与えることができます。

 

予備疲労法のデメリット

アイソレーション種目によって事前に疲労してまい、コンパウンド種目で扱う重量の低下につながる可能性があるということです。

なるべく重量は今まで通りで行うようにしましょう。また、過度な疲労で狙った筋肉をコンパウンド種目で追い込めないこともあります。

まとめ

予備疲労法は「筋肉に効いている感覚」を掴む際には、ぜひ試してみることをオススメします。さらに、パンプアップした状態を確認しやすいといった面もあります。

フォームの確認・修正も行いながらしっかり筋肉を追い込んでいきましょう!

まずは、継続することが一番大切ですね。

無理なく筋トレを継続するコツ 習慣化するには? 「何で継続できないのだろう」 「どうしたら筋トレを習慣化できるのだろうか」 「継続するのは、私には無理だ・・・」 ...